04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

愛犬&山旅生活 with EOS

愛機 Canon EOS 5D MarkⅢ、kissX7で、我が家の愛犬や山旅風景を撮影する、写真ブログです。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

乾徳山 

乾徳山(けんとくさん)標高2031m、奥秩父山域にある岩山で、
山梨百名山、日本二百名山に数えられています。
今回も自宅に帰る途中での山旅です。

車で登山口近くまで行く場合、登りと下りとでは同じ道を辿る、いわゆる
ピストンが多いのですが、今回は違う道を辿りました。
徳和集落~銀晶水~国師ヶ原~扇平~山頂~西側下山ルート~国師ヶ原~道満山~徳和集落
どんな風景が見られるのか、今回も期待をいっぱいに出発です。

IMG_3979_20130525_280.jpg
長い森林地帯をぬけて視界が開けると、やっぱり富士山が
見えました。@国師ヶ原

IMG_3983_20130525_280.jpg
扇平まで登ると、あと40分程で山頂です。
この先は岩の鎖場が数か所あり、楽しみです。

IMG_4011_20130525_280.jpg
山頂からの眺めもやはり富士山が主役。
連日の暑さで、結構残雪が減ってきました。
そう言えば、「農鳥」と呼ばれる鳥の形をした雪渓が見える様に
なり、田植えが始まったと、昨日のローカルTVで放送されて
いました。
田植えの始まる頃の雪渓の形がそのまま山の名前になった
所もありますが、昔の人は自然から学ぶ知恵が豊かで、それが
本当に理にかなっている感じがします。

IMG_4017_20130525_280.jpg
新緑もとてもきれいでした。

IMG_4029_20130525_280.jpg
所々で花も楽しめました。

乾徳山は森林地帯、草原地帯、岩場...と変化に富んだ山でした。
紅葉の時期もとても期待できそうですので、また訪れたいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/25 Sat. 23:01 [edit]

風景  /  TB: 0  /  CM: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。