10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

愛犬&山旅生活 with EOS

愛機 Canon EOS 5D MarkⅢ、kissX7で、我が家の愛犬や山旅風景を撮影する、写真ブログです。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

城跡巡り ~腰越城跡編~ 

今回は、埼玉県小川町にある腰越城で、先週行った
中城の隣に位置します。


20170218_IMG_3506_449.jpg
県道からの入口には案内標識が設置されています。

20170218_IMG_3507_449.jpg
1~2分ほど行くと、趣のある門が立てられています。

20170218_IMG_3508_449.jpg
丸太で造られた階段の道を登ります。

20170218_IMG_3515_449.jpg
山頂から小川方面
曇り空でしたが、筑波山が良く見えました。

20170218_IMG_3523_449.jpg
山頂

以下、現地案内板より引用

腰越城跡は、槻川に三方を囲まれた天然の
要害に築かれた、典型的な中世戦国時代の
山城です。
最高所である本郭は標高216メートルを測り、
正面(東)にむいては小川盆地方面や青山城跡・
高見城跡などの山城を良く眺めることができます。
 城は本郭を中心に、二の郭、二押しの郭、帯郭
など大小17にものぼる郭と呼ばれる平場があり、
その周囲を竪堀、堀切などで区画されています。
特に、寄せ手の兵士が横に走るのを防ぐための
竪堀が多く用いられてことがこの城の大きな特徴
です。また、「隠小口(かくしこぐち)」「囮(おとり)
小口」と呼ばれる巧みに組み合わされた小口の
造りや、本郭に至るまでの複雑な
通路の配置もこの城を特色づけています。
 また、この城跡には「北城山」、「南城山」と
いった直接城跡を表す小字名や、麓には
「榎木戸(えのきど)」といった城への入口を
思わせる地名も残っています。

20170218_IMG_3527_竪堀堀切_449
竪掘、堀切
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/19 Sun. 21:07 [edit]

その他  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mukupapa.blog40.fc2.com/tb.php/460-266314bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。